出会いを大切に笑顔で日々前進!
page top
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
帰国して2ヶ月が経った今。。。
どーもブログだいぶご無沙汰してました


あのかなり急な緊急帰国から2ヶ月が経ちました。

日本で当たり前のように生活している今、ブルキナでの生活が夢のような。。。遠い昔の出来事のような。。。そんなかんじがします。



気持ちの整理がなかなか上手くできずにいたこの2ヶ月間


先週、本当に帰ってくるはずの予定だった日程にあわせて東京で帰国オリエンテーションがあり、行ってきました


久しぶりに会う同期達・・・


みんなちゃんと日本人になってる!!!笑


他の国の帰国したばかりの隊員達・・・


協力隊行ってきました雰囲気ムンムンの人ばっかりかと思いきやッ!


みんな意外ときれいな格好している人が多く


ん???あれっ???うちらの時もっと汚いかんじだったよね!?みたいな


やっぱアフリカ派遣の人たちと大洋州、中南米の人たちは全く違うみたいです

特にブルキナはアフリカの中でもけっこう厳しい環境でザ・アフリカをかもし出している所だったみたいで


でもそんなブルキナがすっごく好きで、思い返せば返すほど戻りたくなる、私にとっては第2の故郷である国

考えれば考える程、ブルキナという国が、ブルキナで出会った大切な人たちが恋しくなるから考えないようにしてた


けどそろそろ気持ちの整理をしなきゃいけないよな

っと思い、思い出を振りかえながら最後のブログを書きたいと思います



まず・・・・・

急に帰国することになり、挨拶に駆けつけてくれたたくさんの人たち


毎朝6時頃にうちの家の前を通って学校でお菓子を売ってるおばちゃん いつもとっても優しくしてくれる肝っ玉かあちゃん
お別れ 2011-04-18 001

学校で一緒に働いていた女の先生達。まだまだ男の先生が多い中、数少ない女の先生方。これからは女の人がもっともっと社会進出していけるようお手本になってください
お別れ 2011-04-18 009


アマドゥとの最後の晩餐・・・ではなく、朝食
お別れ 2011-04-19 001
お餅を食べるアマドゥ。

色んな日本食を一緒に食べたけど梅干以外は何でもいけるアマドゥ!
もはや舌は日本人化してるかも!?


家の裏に住んでる生徒統括の先生の家族。家族がいっぱいいすぎて最後まで全員の名前は覚えられなかった お別れの挨拶をしに来たけど、おばちゃんの顔みたら涙で言葉が・・・ 
お別れ 2011-04-19 006


パスタやご飯を作って売っていたいっつも元気なカディ元気がない時もカディに会うといつも元気になれた。ボロボロ泣いて目が真っ赤になっちゃった
お別れ 2011-04-19 010

道がでこぼこして砂ぼこりいっぱい飛んでた家の近くの道。羊もヤギも牛もロバもなんでも通るブルキナの道。動物も人もみんな譲り合いながら(!?)通行してたな~
お別れ 2011-04-19 011


出発する朝、私が日本に帰ると聞いた生徒達が挨拶に来てくれた。
お別れ 2011-04-19 019

「マダム。いつ戻ってくるの?すぐ戻ってくるよね?」っと聞く生徒達

なんて言ったらいいのか・・・

「いつ帰ってこれるかわからない。。。けど必ずまた来るから」

「マダム。組体操は?」

そう。最近練習を始めたばかりの組体操。

「ごめんね・・・」

とっても心が痛い。

授業もまだ途中なのに

まだ生徒達と一緒にいたかった

やりたいこともいっぱいあった

ごめんね。



フランス語もままならないのに、まだまだ初心者の先生なのに、

授業に着いて来てくれて本当にありがとう

イラッとすることもいっぱいあったけど、今ではいい思い出

みんなとの思い出は一生忘れないよ!

お別れ 2011-04-19 020



同僚のアサン。一見クールでちょっと冷めているところもあるけど、いつも困ったとき助けてくれてアサンなしではどうしようもできなかったことがたくさんあった。

出発する日も荷物を運ぶの手伝ってくれたり、私が行った後の授業を代わりに担当してくれたりと大助かり!

最高の同僚でした

お別れ 2011-04-19 026

お隣に住んでる教頭先生。森のくまさんみたいで声が大きくて、いっつも生徒達はうるさくないか?大丈夫か?って心配してくた教頭先生

お隣さんとしても、とってもお世話になりました!

お別れ 2011-04-19 027


私のことを本当の娘のように思ってくれていた学校の同僚のお母さん。

息子と結婚してくれ!って頼まれたけど、丁重にお断りさせて頂きました

最後、バス停まで見送りに来てくれて、プレゼントまで用意してくれ、涙を流してくれた本当のお母さんのような存在

たくさんの愛をありがとう
お別れ 2011-04-19 034


最後の最後まで動揺してる私をなだめてくれて、その明るさでいつも私に元気を与えてくれた私の第2のお父さん、アマドゥ。

私がボロモに来て暮らしていたほとんどの時間をアマドゥと過ごしてきた。

前世は本当の家族なんじゃないかって思えるほどいつもそばで支えてくれた人。

楽しい時は一緒に笑い、悲しい時はいつもそっとなぐさめてくれた

アマドゥに出会えただけでもここに来てよかった思える本当に本当にステキな人

お別れ 2011-04-18 004


アマドゥの奥さんのサリー 口数が少なくてちょっとシャイなところもあるけど、歳も近くてご飯一緒に作ったりして、とっても優しくしてくれたサリー 帰国してから妊娠したって聞いてビックリ!アマドゥと幸せいっぱいの家庭を作っていってね

お別れ 2011-04-19 036

ボロモのバス停。人も多いしごみも多い。売り子がたくさんいて、押し売りがはんぱなく激しいけど、みんな必死で生きていこうとする生命力がすごく感じれるところだった。
お別れ 2011-04-19 038


首都にあがった後、しきちゃんの配属先の人が挨拶に来てくれた。
若くてキレイでキャリアのあるとってもステキな女性☆
ラスト 2011-04-23 007


去年まで私の家の後ろに住んでたアシタ。今は新聞社に勤めていて、私が帰国することを聞いて大量のピーナッツを手土産に挨拶に来てくれた
ラスト 2011-04-23 009


フルーツが豊富!っとはいえないけど、帰るときは調度マンゴーの季節食べおさめしてきました!
ワガ 2011-04-21 002

ブラブラするのが楽しかったマルシェ
ワガ 2011-04-21 021

積み上げられたたちがあったり
ワガ 2011-04-21 022


大量のサンダルがあったり
ワガ 2011-04-21 025

ブラジャーがこんな風に売られていたり(笑)
ワガ 2011-04-21 034

陽気なおばちゃんがいて
ワガ 2011-04-21 031

陽気なおじちゃん がいる
ワガ 2011-04-21 037

今にも壊れそうなタクシーがぞろぞろと走り
2011-04-22 004

ヘルメットをかぶってる人たちがほとんどいないバイクがたくさん走ってる
2011-04-22 018


最後のブルキナ食
ワガ 2011-04-21 008


手で食べるのも現地の人並みにまでなりました 手で食べるとこれまたおいしいんだ
ワガ 2011-04-21 013



いよいよ出発

最後にお世話になった警備員のイスフとアルマンに挨拶
ラスト 2011-04-23 030

最後まで手を振ってくれている二人。

またいつか会おう!
ラスト 2011-04-23 041


帰国 2011-04-24 005

バタバタと搭乗口に入り、飛行機に乗る私達。

やっとブルキナを離れるという実感が少しずつわいてくる


思い返す思い出がたくさんありすぎて、自然と考えないようにしている自分

そんなときにアマドゥが行った言葉を思い出す。

「大丈夫。一生の別れじゃないから。健康で生きていればまたいつか必ず会えるから。サバアレ(なんとかなる)」っと


いつでも明るくて前向きなアマドゥ


そうだよね。また必ず会えるよね

ちょっと気持ちが楽になる



パリの空港に着き、まずトイレのきれいさにビックリ

そして自動販売機やら何やら便利なものがいっぱい

さすがは先進国


そしていよいよパリから日本へ

ブルキナにいた日々が飛行機とともにちょっとずつ遠ざかり、まるで大昔から近未来へとタイムスリップするようなかんじがしてくる


1年8ヶ月ぶりの日本

ちょっとドキドキ・・・






ブルキナを離れて約30時間、無事日本に到着!!!
帰国 2011-04-24 007



そして今、約2ヶ月間の待機を本来の任期終了とともに終え、自由の身となりました

もしかしたらもう一度戻れるかもしれないと思っていたけど、淡い期待も砕かれてしまいました


帰ってきた当初は何でこんなに急に帰ってこなきゃいけないのだと思ったりもしたけど、私達が帰ってから一週間後にさらに治安が悪化し、危険度レベルは一番上まで上がり、調整員や事務所の所員、さらには所長までもがブルキナを離れることになってしまいました。


帰ってきて正解だったと思わずにはいられない

そして何よりも私が帰ってきて安心している家族の様子を見るとこれでよかったのだと思わずにはいられない



生きて帰ろう協力隊


隊員が絶対に果たさなければいけないこと。

活動よりも何よりも命が一番大切

当たり前のことだけど、改めて生きているということ、命の大切さを考えさせられました



残すところあと2ヶ月で終わってしまったブルキナでの隊員生活

最後までいられなかったのはすごく残念だったけど、ブルキナでのさまざまな出来事、ブルキナでのたくさんの出会いは私にとって一生のかけがえのない宝物


素晴らしい経験と出会いを与えてくれたブルキナファソに心から感謝


そして協力隊に参加することに賛成してくれ、応援してくれた家族

どんなときも心の支えになってくれた彼

たくさんのエールを送ってくれた友達


本当に本当にありがとう!!!


これからどうするの?

っとよく聞かれますが・・・

知ってる人もいると思いますが・・・



7月末に入籍することになりました

アフリカ行きを賛成してくれ、約2年間待ってくれていた彼


病気で苦しんでるとき

心細くて日本に帰りたいとき

辛くてへこんでるとき


いつも優しく支えてくれました


彼がいたからどんな時も頑張れました


そんな彼とこれからは2人で新たな道を歩んでいこうと思います



おそらく最後のブログの書き込みになるかと思いますが・・・



これからも今日を今を精一杯生きていこうと思います
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

おつかれさま!
二年間おつかれさま!
そして無事に帰ってきてくれてありがとう!

あみあみのブログを読むとホント充実した活動だったんだねと思うよ!

けど最後はホント残念だったね…
俺も複雑な気持ちだったよ。
いつかお金を貯めてブルキナに行こう!
あみあみが過ごした町、暮らした家、笑いあった仲間、いつも支えてくれたアマドゥ、俺も見てみたいし、会いたいな!

ちなみに今回でブログは終わりなの?!
これから日本での全力投球なあみあみをまた書いていけばいいんじゃないかな?
あっきー | URL | 2011/07/01/Fri 02:51 [編集]
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
| | 2012/11/14/Wed 22:42 [編集]
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
| | 2013/01/19/Sat 09:32 [編集]

トラックバック
トラックバック URL

© 全力投球!今日を今を精一杯. all rights reserved.
Page top
FC2 BLOG
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。