出会いを大切に笑顔で日々前進!
page top
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
ゾウだぞ~~~~~~ぅ

明日から3月突入 日本は徐々に寒さが和らいでくるころかな~
こっちはこれから一番暑い時期に突入
すでに毎日35℃もしくはそれ以上。。。 夜も寝苦しい
そんな暑い時期になってくると、ボロモの観光地カイセドラにたくさ~~~~んの象がやってくる

今日はアマドゥとピクニックもかね、カイセドラへ
今まで2回来たけど一度も象とは会えず・・・
3度目の正直。。。。。。。。。
いた~~~~~~~~~~!!!!!!しかもいっぱい 30頭ちかく

P1000254_convert_20100308230210.jpg

P1000252_convert_20100308231630.jpg

100m先には象の大群でいっぱ~~~~い
ぜひ一度ボロモに











スポンサーサイト
page top
校長杯開始!!
毎年恒例の校内サッカー大会「校長杯」が開始 全クラストーナメント戦で約2ヶ月かけて行われる大きな行事

今日はその第一戦 3B(中学4年)VS4B(中学3年)
白熱した戦い

P1000211_convert_20100306114314.jpg

前半、後半ともに0-0
Pk戦へ持ち込み

P1000226_convert_20100308225753.jpg

結果は4-3で3Bの勝利

学校はサッカーモード一色

page top
インターハイ地区予選
ここブルキナにもじつはインターハイらしきものがあるんです
種目は陸上競技、サッカー、ハンドボール、柔道、バレーボール、リュット(レスリングに似た競技)があって、部活動っていうものはないけど、各学校生徒が選抜されて、大会が開催される

私の学校からも陸上に8人、リュットに2人参加。同僚とともにデデュグという車で1時間半くらい離れたところに引率しに


P1000156_convert_20100306111918.jpg
ブルキナの伝統スポーツ「リュット」レスリングのような相撲のような~っというかんじ
結果は一勝一敗。 

P1000162_convert_20100306112049[1]
陸上のグランドはもちろん土。そしてスパイクというものはなく、中には裸足で走る人も。レーンも4レーンのみ。
これは女子の1000mの様子 他にも100m、200m、400m、800m、1500m、リレーとあったけど、100mと1500m以外は参加する人ごく少数・・・ スターティングブロックというのもはなく、スタートの仕方すらあやうい人も 
っというか、ブルキナべ時間のゆったりすぎる 10時ぐらいになると気温も上がって暑くなるから、6時半には絶対始めようと前日の会議で話し合ったにも関わらず、みんなグランドに来始めたのは7時ごろ。結局始まったのは7時半過ぎ・・・・ さすがはアフリカンタイム

日本の大会の開催状況とは全く違うけど、みんなそれぞれが頑張ってる姿を見ると日本の学生とも変わらないな~とふと思った 学校のお金不足により、大会に参加したり、移動したり、宿泊したりっていうお金が足りず、参加させる生徒も限られているのが今の現状。もっとたくさんの生徒が大会に参加できるとうな環境になれば、さまざまな才能を開花させたり、もっともっとスポーツの触れる機会が増えるんじゃないかな~っと思いつつ、現実は難しいことに直面 一歩一歩解決していこう


父ちゃんへ・・・質問の回答
病院はん~~~~~日本で言うと地元にある小さなクリニックくらいの大きさかな。集団部屋が一つ、最大5人が限度ってかんじ。先生はちゃんとした人っぽくて私が入院した時、フランスで研修に行ってくるっていなくなっちゃった他にも2、3人くらいの医者と2人の看護婦さんがいたよ~ ご飯はリクエストすればなんでも作ってくれるみたいでお粥もこっちのはめちゃくちゃ砂糖いれて甘いやつだけど、普通に日本のお粥みたいだった看護婦さんも「il y a okayu(お粥あるよ~)」って日本のお粥を知っていた。一緒に入院してたブルキナべの小さい男の子のお母さんがステーキを頼んでて、部屋中ステーキの臭いが充満 おいおいっ病気なのにステーキかよってつっこみたかった(笑)けど男の子じゃなくてお母さんが食べたかったから?な~んて・・・・・ありえる
page top
bonne arrivee
昨日やっとやっとボロモに帰ってきた
久々のボロモ。まるで新しく来た場所にも思える。

っがしかし、ボロモの人たちは私の帰りを待っていてくれていた
まず、駅に迎えに来てくれたアマドゥとの感動の再会。「Bonne arrivee~(おかえり)」っと。
続いて近所に住む校長や教頭先生とその家族の人たち「Bonne arrivee~」っと。特に入院中何回も電話をかけてきてくれた校長先生。。。迷惑かけました
そして次の日。無理するなっと言われつつさっそく授業開始!!!
何人かの生徒が心配した様子で私の家を訪れ、「Bonne arrivee」っと。そして「体調は大丈夫?」っと。
グランドに到着。いつも通り、整列、そして挨拶。っと思いきや、みんな「Bonne arrivee」っと。たまにこんにゃろ~~~っと思うくらいかわいくない生徒もこの時はみ~んなとってもかわいく見えた

しばらく家を空けていたため、食料もない。っということでマルシェ(市場)へ行くことに。
いつも通る道。いつも挨拶をかわす人たち。「あみ~久しぶり!!どこに行ってたんだ~?」っと声をかけてくる人もいれば、どこからともなく噂を聞いた人は「体大丈夫か??お大事に!!」っと声をかけてくれる人も

この数日間、病気なんてこりごりだ~~~~なんて思ってたけど、こうしてボロモをちょっと離れ帰ってきて、おかえりと言ってくれる人がいる。自分の居場所があるってことに改めて気付けたことは今の私にとって最高の喜び

悪いこともあれば、良いこともあるもんだね
page top
随分とブログの更新が遅くなりました

ブルキナに来て初の大きな病気にかかってしまった
その名も「腸チフス」
原因はサルモネラ菌。現地の生活にどっぷりとつかってる最近、何かの食べ物に菌が侵入していたらしく、感染症にかかってしまった
11日ごろから体調がおかしくなり、熱がどんどん上昇 重い足取りで首都へ上京することに。。。。
激しい頭痛と高熱にうなされねがら、乗り合いのバスで移動。首都に入ったがいいもののところどころ降りる人が続出。はやく病院へ行きたい! っということでタクシーに乗り換え。

っがしか~しそれが第一の悲劇
基本的にここでのタクシーは乗り合い。そのため、ところどころで人が乗り降りする。道の途中、突然タクシーに無理やり乗り込んできた男性。運転手は乗車拒否。あっさり降りる男性。
その後運転手のおっちゃんが「今のやつは悪いやつだ~」なんて話をしてふとポケットを触ると携帯がない!!!!

やられた・・・・・・・

運転手のおっちゃんはすかさずUターン。犯人探し
っがしかし見つからず。。。
具合の悪さと盗まれたショックで放心状態

やっと病院に着き、検査結果は「腸チフス」 なんじゃそりゃってかんじ。
即入院。
記憶のある中で人生初の入院。 日本だと隔離される・・・っとのことだがここはブルキナ。集団部屋
結局4日間滞在。退院後も安静第一ということで1週間ほど首都で療養


いや~~~~健康のありがたさを身にしみて感じた
現地の生活にどっぷりはまるのも程ほどにしなきゃだな


page top
P1000128_convert_20100202215233.jpg
1月1日に生まれたネコがちょっとずつ大きくなってきました まだよちよち歩きでとってもかわいい


2月に入り、こっちもだいぶ朝晩の寒さが和らいできた。
日本はまだまだ寒いかな~?
寒さが和らいできたかわりに風が強くなってきた この風がまたやっかい。
コンクリートの道路がまだ少ないブルキナの地面は土でいっぱい。
風がふくとその土が舞い上がり、あたり一面砂埃でいっぱいになるしかも家の中にまで、砂がはいってくる。
砂と一緒に細菌も交じってそれが原因で風邪をひく人がこの時期多いみたい なんともやっかい。。。。


あっ全然関係ないけど、この前「ホームレス中学生」のDVDを見てたら、おいしそうな牛丼が登場
帰ったら絶対吉野屋行って牛丼食べよ~~~~っと

P1030227_convert_20100202215208.jpg

最近はまってるもの
夕方、いろんな道端で売られるいもをあげたもの。これがまたおいしい
太る元。。。でもある
© 全力投球!今日を今を精一杯. all rights reserved.
Page top
FC2 BLOG
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。